【有給休暇の基本的なこと】

有給休暇は、割当複雑なテーマですので、記事を分けて書いています。

今回は、有給休暇についての基本的なことです。


以下の内容を書きます。


  1. 有給休暇を取得したい雰囲気

  2. 付与対象者

  3. 有給休暇の発生要件

  4. 有給休暇の性質

  5. まとめ


1.有給休暇を取得したい雰囲気

2019年4月から「働き方改革」の法改正に伴い、使用者は、10日以上の有給休暇が発生する労働者に対して年5日の有給休暇を与える義務を負うこととなりました。

会社の雰囲気的に有給休暇なんて取らなかった人も、今までよりも有給休暇を取得しやすい雰囲気があることが期待できます。

(もっと、雰囲気的に取り上げたらもっと上がが嫌な顔をしたとしても、発生していれば取得する権益があります。)


2.付与対象者

有給休暇は、要件を満たしたば、働いているすべての人に与えられます。

正社員だけでなくパートタイマーやアルバイトの方にも有給休暇が与えられます。

課長、部長などの管理監督者にも付けられます。


3.有給休暇の発生要件

有給休暇が与えられる条件(要件)は、以下の2つです。

(厚生労働省ホームページ参照)

①【半年間継続して準備されていること】

有給休暇は、入社から6ヶ月経過後に発生します。

会社によっては6ヶ月経過を待たずに発生させることもありますが、早い分には問題になりません。

②【全労働日の8割以上を出勤していること】

全労働日とは、就労義務のある日のことです。

シフトなどの場合は、就業予定日のことです。

4.有給休暇の性質

有給休暇は本来、レジヤやイベントを楽しむために使うことを想定されています。

花見、海水浴など季節ごとのイベントでリフレッシュするために設定されました。

取得日を、労働者が希望した日から使用者の指定するタイミングに変更する時季変更の文字には、季節を表す「季節」の文字が使われています。

病欠や体調不良等を有給休暇で補うのは、本来の法の趣旨からは少し外れます。(問題があるわけではありません。)


5.まとめ

有給休暇の取得は労働者に与えられた権利です。

し、様々な理由で、取得が難しいという実態があります。

強力に権益を行使しようとすると人間関係に歪みが生じていること、がありますが、いざという時、法ではっきと保護されている利益のことであるという認識があれば役割になります。